夏休みも後半に突入しました。
例年、お盆シーズンの空港や高速道路の混雑の様子が報道されていますが、皆様もどこかにお出かけされましたでしょうか?

さて、旅行に行く際に入っておきたい旅行保険。
その中でも今回は海外旅行保険についてワンポイントアドバイスをお届けします。

★空港で入ればOK?
空港では保険会社のカウンターや、保険の自動販売機のような機械をたくさん見かけます。
万が一入り忘れても安心ですね。
ただし、事前に旅行保険に入られた場合と違い、保険が有効になるのは空港にたどり着いて手続きをしてから。

万が一、家を出てから空港に着くまでに、「スーツケースが重くて階段から落ちてしまった…」等の事故が起きても、保険に入る前なので対象になりません。
なるべく、「出発前に」保険加入されることをお勧めします!
なお、当社ホームページの「インターネットサービス」のところから、インターネットで手軽に東京海上日動の旅行保険にご加入いただくことができます。

★個人賠償責任保険があるので大丈夫?
入っている火災保険に個人賠償責任保険がつていて海外でも1億円まで補償となっている。だから海外旅行保険は入らなくていいかな…と思われる方も多いかと思います。
例えば、海外旅行保険の賠償責任保険では「ホテルの客室の鏡を割ってしまった!」というケースも対象になりますが、通常の個人賠償責任保険では、対象になりません。(理由は約款の細かい内容になるので、割愛します)
海外旅行保険についている賠償責任保険と、通常の個人賠償責任保険は内容が異なる場合がありますので、ご出発前に内容を再度ご確認ください。

 

海外で病気になったことがないから保険はもったいないなーという方も、病気以外のリスクへの備えとして、海外旅行保険はおすすめです。
死亡保障を少なくしてお手頃にしたプランなどもありますので、是非ご検討ください。
当社ホームページからもご加入いただけます。